「軽井沢において氷点下の冬の暮らし方」

軽井沢へ定住を考えたときに気になる点として、昼間も氷点下まで気温が下がってしまう冬の暮らし方ではないでしょうか。

私も軽井沢への移住前にまずは一月二月の冬の寒さと積雪時の状態を体感するべく何泊か滞在してから移住を決めております。

一月、二月は最低気温氷点下15度近くまで下がり、最高気温も氷点下2桁までは行かないにしても真冬日が連続する凍てつく日々、

降雪は少ないものの、一度降った雪は氷点下の中なかなか融けずに根雪となってしまいます。

昼間陽射しが降り注ぎ、融けたとしても夕方になれば瞬く間にアイスバーンへと変化します。

そこで、注意しなくてはならない点として、まずは車の運転です。

「氷点下での車の運転」

歩くのはもちろん、普段車の運転に慣れてる方でも雪道、ましてや凍ったアイスバーンではかなりの慎重さが必要になります。

交差点やカーブ、坂道などスピードを抑えるのはもちろんのことですが、急発進、急ハンドル、急ブレーキになるような運転を控え、

シフトダウンによるエンジンブレーキでの減速を心がけることをお勧め致します。

たとえ四輪駆動、スタッドレスタイヤを履いていても、アイスバーン上においてはどんな車でも滑りますので充分ご注意を。。。

くれぐれも車の性能や運転技術を過信されることのないようお気を付け下さいませ。

さてさて、この凍てつく日々には生活するうえでもう一つお伝えしなければいけないことがあります。

それは建物の室内外にある水回りの凍結です。

「氷点下時の水廻り注意点」

寒冷地ですので建物を建てる場合には、凍結しないよう防止するための対策は施しているとは思いますが、なんせ氷点下2桁に届く日々をなめてはいけません。

昼間でもあっという間に凍結して水道管が破裂してしまうのです。

そこは断熱を施した室内においても油断できません。

そのために家を空ける場合には、建物の構造によっても違いはあれど、ほとんどの建物に設置してある水道管周りの凍結防止帯を作動させるために、

その凍結防止帯の電源を抜かない、主電源であるブレーカーの電源も落とさない。

またブレーカーを落とすのであれば、水抜きをすることを忘れない。

断熱を施した室内でも、何日か家を不在にしていると水道管が破裂して水漏れしたなんてこともよく耳にします。

そして水抜きをするにおいても、建物によってそれぞれ個性がありますので、構造を理解している専門の方に指導を受けるか、

または費用を払って、水抜きをお願いすることをお勧め致します。

うっかり。。なんてことがないように、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

以上、今回は氷点下の冬の軽井沢の注意点をお伝えさせて頂きました。

「軽井沢での氷点下時において注意点最後に。。。」

・車の運転において凍結時には運転に過信しないよう急発進、急ハンドル、急ブレーキに気をつける。

・建物の水廻り凍結対策を考える。

以上の注意点を踏まえながらもぜひ味わって頂きたい冬の軽井沢の素晴らしさ。。

音を忘れてしまったかのような静けさの中、ときおり響く鳥のさえずり。

氷点下10度を超えると現れるダイヤモンドダスト。

なにもかもが綺麗に浄化されてしまうような澄みきった空気。

まだまだ体験して頂きたい、そしてお伝えしたい冬の軽井沢がございます。

ぜひともこの魅力満点の冬の時期、軽井沢にいらしてご体験くださいませ。

あなたもいつのまにか冬の軽井沢のとりこになっていることでしょう~。

最後までお読み頂きありがとうございました。

不動産コンシェルジュ

アイステージ軽井澤㈱

https://i-stage.net/